インドーIT産業の中心地

 

インドとITは、切っても切れない関係を持つ言葉となってきています。GAFAは、もちろんのこと、IBM、Dell、Cognizant Technology Solutions、Hewlett-PackardなどのグローバルIT企業が、こぞってインドに子会社を設立しています。IT企業はなぜインドを選ぶのでしょうか? IT業界において、重要な人材として扱われるインド人の持つユニークさとは何なのでしょうか?

論理的思考の適性

一つには、インド人の高い論理的思考能力が挙げられます。論理的な思考を繰り返すことで、問題解決を行うことに慣れています。数学や科学など理数系が得意な傾向があり、幼少期から数独のような数学的ゲームでたくさん遊んでいます。そのため、ITの概念を理解して、新しいプログラミング言語を積極的に独学でも習得することができます。

若い労働力

インドは、働き手となる豊富な労働力人口を持ち、特に若年労働者がたくさんいます。13億のインド人全体の平均年齢は25歳であり、労働力人口のうち50%以上は30代以下です。これはどう意味を表すかというと、全体としてインドの労働力が若く、生産性の成長が見込みるということです。

多数のエンジニアリング専門家

多くのインドの子供達は、卒業後エンジニアになりたいと思っています。理系の分野で、コンピュータサイエンス専攻が人気があります。毎年、何百万人もの学生がエンジニアとして卒業し、世界一のIT技術大国の基盤を作り上げつつあります。

エンジニア学部を持つ大学も増えてきており、2018年では、その数は1万校にも達しました。エンジニア系の大学では、IIT (Indian Institute of Technology) が最高学府であり、他にも上位校としてBITS Pilani、National Institute of Technology(NIT)などがあります。

新技術によってアップロードされていること

インドではエンジニアの専門家が年々増加しているなか、IT産業において獲得競争も激しくなってきています。企業としても、優秀な人材を雇用するため、最新技術を迅速に学ぶ環境を整えるなどの取組みを強化しています。ブロックチェーン・テクノロジー、IoT、人工知能、クラウドサービス、データ分析などスキルと専門知識を兼ね備えた専門家が、数多く輩出しています。

インドにある米国企業

インドのトップIT企業の多くは米国企業です。多くの米国企業がインドで事業を展開し、インドの拠点に業務を委託しています。

このため、ITの専門家は最新のテクノロジーを使いながら習得し、仕事の機会を増やしています。Microsoft、IBM、Cognizantなどの企業は、インドに研究開発部門を置いています。したがって、インドのITエンジニアは、グローバルな職場環境で働き、世界中のエンジニアと交流することができます。

文化への適応性

適応性はインド人の特性でもあります。インドは州ごとで異なる文化や言語をもっています。多くの異なるバックグラウンドを持つ人々と仕事をするにつれ、異なる考え方・労働文化・言語に適応する能力が養われていると言えるでしょう。

Subscribe To Our Newsletter

Join our mailing list to receive the latest news and updates from our team.

You have Successfully Subscribed!