ブログ

Blog
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大 : インドは人口増加と中間層の台頭により、小売市場が2010...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大 : インドは人口増加と中間層の台頭により、小売市場が2010...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more
在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第一回] A さん

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー[第1回]  Aさん近年、日本で生活しているインド人の数は年々増え続けており、東京都の統計によると、令和2年1月1日時点での都内在住のインド人は約1万3千人(平成30年:約1万1千人。令和元年:約1万2千人)となっています。出典:東京都 https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/gaikoku/2020/ga20010000.htm...

read more
[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

[第三回] 在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー

在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第三回]     Bさんインド人ITエンジニアの方へのインタビューも三回目となりましたが、今回はBさんにお話を伺いました。Bさんは日本語堪能で、その語学力を生かし日印の橋渡し役をするブリッジエンジニアとして活躍されています。その経験と深い洞察力から、日本とインドを多角的な視点で分析されており、非常に興味深いインタビューとなりました。いままでの経歴を教えてください。また、IT エンジニアになった理由を教えてください。  ...

read more
インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...

read more
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。    リクルートのGlobal career...

read more
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、  ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。  ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。  ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。  ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

read more
イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 人 材 を 活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点

イ ン ド 人 I T 技術者 を活 用 す る メ リ ッ ト と 配 慮 す べ き 点少子高齢化を支える貴重な労働力として、日本での外国人の雇用が活発になっています。在日インド人の数も増えており、東京都西葛西ではインド人コミュニティが形成されるなど、インド人は日本人の良き隣人として定着しつつあります。 弊社では、インド人IT人材をご紹介しておりますが、彼らの活用にどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、インド人の特徴や国民性を考えながら、そのメリットと、受け入れの際に配慮すべき点を考えていきたいと思います。メリット1  ...

read more
Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

eコマース市場の拡大とアマゾンのインド進出平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。  同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。  (1)小売市場の拡大...

read more
日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

read more

お気軽にお問い合わせください。

Contact Us!