インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語

インドで独自進化 知って楽しいインド英語 インドの公用語はヒンディー語ですが準公用語は英語で、2011年の国勢調査によると1億2900万人が英語を話すと回答しました。この数は人口の10.6%ほどですが、それでもインドはアメリカに次いで世界で二番目に英語話者が多い国となっています。...
「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。     今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。  リクルートのGlobal...
インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史 IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、 ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。 ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。 ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。 ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...