Blog - Global Japan Network
           

Blog

ブログ

Blog

年間140万人のエンジニアが誕生! IT人材の宝庫・インドでオフショア開発するメリットは?

年間140万人のエンジニアが誕生! IT人材の宝庫・インドでオフショア開発するメリットは? インドは過去10年間で、オフショア開発のパートナーとして最も選ばれている国の一つとなっています。企業がインドオフショア開発を選択する理由はさまざまですが、主な理由は下記のような物があげられます。 運用コスト:インドにチームを作ることは、日本、パリ、ロンドン、ニューヨークなどの欧米の都市に比べて低コストです。インドは先進国の都市に比べて、施設や設備、給料などのコストが低く抑えられ、生活費も安く済みます。...

インドオフショア開発会社トップ3

インドオフショア開発会社トップ3   オフショア開発でIT大国に インドのIT産業はオフショア開発によって作られたと言っても過言ではなく、現在でも世界中の国からのプロジェクトを委託されています。...

インドオフショア開発とインド人材の魅力

インドオフショア開発とインド人材の魅力

インドオフショア開発とインド人材の魅力 メリット1:南インド・チェンナイは物価が安い! オフショア開発において、インド はベトナムなどアジア各国とよく比較されますが、インドは近年IT大国としての地位を築き、世界中に優秀なIT技術者を送り出している事から、「インドでの開発は以前ほど安くない。ベトナムの方が安いのでは」と思われる方もいらっしゃるでしょう。確かに、首都デリーはベトナムより物価が高い傾向にありますが、弊社インド事務所•Global Japan DX...

「ITエンジニアになるのが夢でした!」インド人オフショア開発エンジニアインタビュー(Wさん)

「ITエンジニアになるのが夢でした!」インド人オフショア開発エンジニアインタビュー(Wさん)

「ITエンジニアになるのが夢でした!」 インド人オフショア開発エンジニアインタビュー(Wさん) 今回のインド人エンジニアインタビューは、弊社専属のオフショア開発エンジニアのWさんにお話を伺いました。Wさんはインド南部・チェンナイ在住です。小さい頃からパソコンやゲームが大好きで、ご親戚の影響で次第にプログラミングをするようになったそうです。ITエンジニアになる事が昔からの夢で、大学ではITを専攻されました。今回、日本企業と働くのは初めてという事でしたが、実際どのような感想を持たれたのか伺いました。  ...

インドのキャッシュレス決済市場の拡大

インドのキャッシュレス決済市場の拡大

インド、キャッシュレス決済市場の急拡大 出展:経済産業省 「キャッシュレス決済を取り巻く環境の変化と本検討会で議論いただきたい点 」2020年6月10日   https://www.meti.go.jp/press/2020/06/20200612006/20200612006-4.pdf ...

コロナ禍のインドの状況は?

コロナ禍のインドの状況は?

2020年11月におけるインド・コロナ禍の状況は? 出店:https://www.cnn.co.jp/world/35157280.html 10月14日、新型コロナウイルス感染者数がアメリカに次いで世界で二番目に多いインドでは、「ディワリ」が行われました。ディワリはヒンドゥー教暦の新年を祝う日で、この期間は各地に散らばった家族が一堂に集まり、食事をしたり買い物を楽しんだりします。 インドでは、夏から秋にかけてお祭りシーズンとなっているのですが、夏に自粛をした反動がディワリシーズンで来ているようです。...

中小企業Power BI活用事例2: 化粧品メーカーの在庫管理

中小企業Power BI活用事例2: 化粧品メーカーの在庫管理

中小企業Power BI活用事例2 化粧品メーカーの在庫管理 前回の記事では、海外子会社管理についてご紹介いたしました。続きまして今回は、Power BIを活用した同社の在庫管理についてお話しさせていただきたいと思います。   課題 1.PowerBI導入以前は、在庫管理は手作業や目視、その報告もFAXやメールで行なっていました。そのため、報告を受けてすぐに工場で生産しても、出荷する時には状況が変化し、欠品や過剰在庫が出てしまうという問題がありました。...

Power BI活用事例1 化粧品メーカーの海外子会社管理

Power BI活用事例1 化粧品メーカーの海外子会社管理

中小企業Power BI活用事例① 化粧品メーカーの海外子会社管理 「BIツールって大企業が使うもの。うちみたいな中小企業には縁のない事」 そう思っていらっしゃる経営者の方は多いのではないでしょうか? 「2018年版 小規模企業白書」第2部 第1章 第2節“小規模事業者の経営者の業務負担”によると、近年の人手不足への対応として、経営者が労働時間を増やし対応する傾向が強く、経営者の負担が増している事が分かりました。...

インドオフショア開発例:会員制コミュティサイトの作成

インドオフショア開発例:会員制コミュティサイトの作成

インドオフショア開発事例 会員制コミュティサイトの作成 弊社では、これまで多数のオフショア開発プロジェクトに携わって参りましたが、コロナ禍以降、コストメリットの大きさから多数お問い合わせが寄せられております。今回は、皆様にオフショア開発をもっと身近に感じていただくため、実際に弊社で取り扱ったプロジェクトをご紹介いたします。 プロジェクト概要...

Power BIで業務改善 データをビジュアル化してスピード感ある開発を

Power BIで業務改善 データをビジュアル化してスピード感ある開発を

Power BI活用で業務改善 データをビジュアル化してスピード感ある開発を IT業界の技術進化のスピードは、その速さからドッグイヤー(dog year)と言われています。これは犬の成長が早く、犬の1年は人間の7年に相当する事から来ていますが、それは他社より7倍のスピードで開発しなければ競争を勝ち残れないという事も意味しています。より早い開発が求められれば当然、意思決定にも相応のスピード感が求められますが、弊社ではこのスピード感を実現するにあたり、マイクロソフト社のPowerBIを活用しています。...

インドオフショア開発の「時差」が生み出すコストメリットは?

インドオフショア開発の「時差」が生み出すコストメリットは?

インドオフショア開発の「時差」が生み出すコストメリットは? 8月3日、帝国データバンクが同日11時までに行った調査によると、新型コロナウイルス関連倒産(負債1000万円未満・法人および個人経営者を対象)は全国で400件、負債総額は2394億8500万円(調査中を除く385件の合計)に達しました。  各社、売上減少に加え、リモートワークという新しい働き方への対応という大きな課題にも直面する中、テクノロジーを利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させるデジタルトランスフォーメーション(以下DX)の重要性が強く認識されています。...

コロナ禍に強い! インドオフショア開発の3つのメリット

コロナ禍に強い! インドオフショア開発の3つのメリット インドには欧米のIT企業が多数進出し、インド人の技術は世界トップレベルと評されています。未だコロナ禍収束の見通しは立ちませんが、景気の減速が懸念される今こそ、インドオフショア開発のメリットが増しています。 メリット1.開発コストが削減できる...

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?  インド人の定着率がアップする4つのポイント 

「インド人はすぐ辞める」は本当か?     インド人の定着率をアップさせる4つのポイント 今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。     今日、外国人材の活用はどの業種でも広がり、在日外国人数は増加傾向にあります。しかし、外国人材を採用した企業の中から、「外国人はすぐ転職してしまう」、と言う悩みの声が聞こえてくることも。  リクルートのGlobal...

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史

インドIT産業の歴史 IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで、 ステージ1: 1950-1980年。 インド初のIT企業が誕生した時代。 ステージ2:1980-1990年。 現在、インドのIT産業を牽引するIT企業がいくつも創業した時代。 ステージ3: 1990-2000年。 経済自由化によりIT産業の発展し始めた時代。 ステージ4: 2000年から現在。 IT大国として、インドの世界的地位が定着した時代。 と言うように、大きく4つのステージに分けることができます。...

インドの物価はどのくらい? 〜コスト面から見るインド・オフショア開発の魅力とは〜

インドの物価はどのくらい? 〜コスト面から見るインド・オフショア開発の魅力とは〜

インドの物価はどのくらい? 〜コスト面から見るインド・オフショア開発の魅力とは〜 「日本におけるインド・オフショア開発の可能性」の記事でも以前お伝えしましたが、インドでオフショア開発をする最大のメリットはコストにあります。インドは物価が低く、よく日本の約3分の1と言われていますが、現地で生活する場合は実際どれくらいかかるのでしょうか。今回は、インドの人件費や生活費などを他国と比較しながら、インド・オフショア開発のコストメリットを見ていきたいと思います。 人件費...

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

Eコマース市場拡大とアマゾンのインド進出

  eコマース市場の拡大と  アマゾンのインド進出 平成28年の総務省の情報通信白書によると、世界の商取引額は、2015年時点で約22兆ドルに達しました(eMarketer調査に基づく)。そのうち、eコマースによる取引額は2015年で約1.7兆ドルに達していますが、これは商取引額全体でみると1割弱であり、今後の成長が期待されています。 同様にインドにおいても、eコマース市場は 2000 年代後半から徐々に規模を拡大し、2016 年には 300 億ドルを超えました。この背景には、下記の3つの理由が挙げられます。 (1)小売市場の拡大...

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア開発の可能性

日本におけるインド・オフショア 開発の可能性 オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 IT先進国のインドは、コスト面や高い技術力などから、ITサービス輸出額を伸ばしオフショア開発先として成長しています。  多くのメリットがあるインドオフショア開発ですが、その一方で、言語や商習慣などの違いから生じるマネジメントや品質管理の難しさが課題となります。...

お気軽にお問い合わせください。

Contact Us!

Contact Us

お問い合わせ
Translate »