1. Home
  2.   /  
  3. Business
  4.   /   Power BI活用で、M&A のデューデリジェンスより早く•正確に!...

Power BI活用で、M&A のデューデリジェンスより早く•正確に!

2022-02-02 17:51:57

Power BI活用で、M&A のデューデリジェンスより早く•正確に!

 

M&Aを行うにあたり、買収側の最も大きな懸念の一つが、買収後に大きなリスクが発覚する事です。それを回避するため、買収側は売却対象企業に対し事前に入念な調査を実施しますが、このことをデューデリジェンス(買収監査)といいます。 海外子会社を買収する際、現地の文化•商習慣•言語など様々な障壁があるため、その実態を正確に把握するのはなかなか大変です。しかし、Power BIをデューデリジェンスに活用すれば、対象企業の状況を正確に把握し、不正なども発見しやすくなります。では具体的に、Power BIをどのようにデューデリジェンスに活用できるのか、弊社取扱事例を挙げながら見ていきましょう。

 

クライアントと概要

創業100年、従業員800名のメーカー。欧米、中国など世界各国に子会社を持っています。今回、かねて計画していたインド企業のM&Aを弊社がサポートさせていただく事になり、売却対象企業の調査を実施致しました。その調査結果で得たデータはPower BIに吸い上げ分析し、クライアント企業に報告させていただきました。

 

不正の発覚

対象企業の調査データをPower BIで分析した結果、下記のような不正が発覚しました。

1.特定の取引先と不自然な取引:子会社トップとその親族が経営する会社でなされた取引額が不自然に大きい。 2.期末前後の不自然かつ多額の取引:3月(インドの期末期)の最終週に、年間売り上げの3割近い売り上げがある。 3.在庫の不自然な動き これら不自然な動きから、現地企業は日本企業と取引するにあたり、数値をよく見せようと架空取引をした疑いが出たため、 クライアントは買収を取り止め、現地では別の形で展開することを検討しています。

 

M&A のデューデリジェンスにおけるPower BI活用のメリット

 

本ケースもそうでしたが、売却側から提出された情報は言ってみれば一方的なもので、十分に信頼できるとは限りません。しっかり調査しなければ、買収後に取り返しのつかない重大なリスクが発覚したり、場合によっては売却側自身が感知していないリスクが存在したりすることもあります。しかし、今回のケースから、Power BIをデューデリジェンスに活用する事は下記のように大きなメリットがある事が分かります。

  メリット1. 誰でも使いやすい。

インドの市場で最も使用されている汎用的な会計ソフトウェアに、Tallyがあります。言わばインド版の勘定奉行や弥生会計と言ったソフトで、インド人には使いやすいと広く使用されています。しかし、このTally、日本人にはとても使いにくい作りとなっています。見たい所がすぐに見られる状況では無いため、日本企業にとっては分析しにくく、企業の実態を把握するのが難しいのです。

しかし、Power BIを使うことで、ユーザーフレンドリーなインターフェースになり、現地企業の詳細データまで簡単に確認が可能になります。データとしてクラウドに吸い上げ、日本側が確認しやすいように加工を行えるので、問題発見が容易にできます。また、会計ソフトは何を使っていても問題ないという点も魅力です。 メリット2 対象企業を徹底調査。不正を見逃さない!

今回のケースでは、親族経営の取引先との不正が多数発覚しました。インドは、家族愛が強く、カースト制度の影響もあり、同じジャーティ(排他的な職業・血縁集団)間でビジネスが回る事はよくあります。また、親族以外に信用できる取引先がない場合もあり、親族経営は必ずしも悪いという訳ではありません。しかし、「親族だから何でもやってくれる」という状況は不正のリスクになりやすいのは事実です。

 

Power BIを活用したデューデリジェンスは、グローバルジャパンに!

このように、海外の企業は商習慣や文化の違いが障壁となり、調査には細心の注意が必要ですが、Power BIを活用すれば、より早く•より正確に状況を把握できます。Power BIでは、対象企業の全データをクラウド上に吸い上げて、容易に分析できます。またデータはグラフや表で分かりやすく表されるので、直感的に状況を把握できる所も魅力です。

加え、今回のケースでは、異常値や資金の不自然な動きにシグナルが出る機能が多いに活躍し、上記のような不正を明らかにする事ができました。数字を並べただけでは見逃しがちな不自然な資金の流れも、Power BIで洗い出され、「リスクを回避できて良かった!」とクライアント企業から大変喜んでいただきました。 弊社グローバルジャパンでは、Power BIを活用したデューデリジェンスを、海外ビジネスと会計のプロがサポートさせていただいています。M&Aの手続や合意文書に大きな影響を与えるデューデリジェンスは、是非、専門家集団であるグローバルジャパンにお任せください!