インド人全員が英語を話せるのでしょうか?

 

歴史

英語は、インドがイギリスの統治下であった時代に、インドに持ち込まれました。当時は、英語は主にエリート層にのみ使用されていました。 イギリスから独立後、インド政府はヒンディー語をインドの公用語として採用することを決定しましたが、ヒンディー語を話さない地域、特に南インドのドラヴィダ言語の人々が反対をします。彼らはヒンディー語を採用することに抵抗し、彼ら自身の言語を使い続けました。そのため、インド政府は、憲法で英語も公用語として宣言しました。

公用語としての英語

13億人の人口を有するインドは、いまや世界で最大の英語圏の国の一つとなりました。 英語は公式文書、メディア、学術領域、ビジネスでも、広く受け入れられたコミュニケーション手段として機能しています。 都市部では、快適に英語でコミュニケーションを行うことかできます。しかし、農村部では、まだ英語が浸透しておらず、英語が問題なく通じるところもあれば、ほとんど通じない地域もあります。

学校での指導言語としての英語

英語は、一部の農村部を除き、多くの学校や大学で使用され始めています。最近、英語はもはやインドのエリートで裕福な社会の言語ではなく、子供たちも非常に早い段階で英語を学び始めるようになりました。ライティングとスピーキングのスキルを磨きます。

インド英語のアクセントとは

インドで話されている英語は、アメリカ英語ではなく、イギリス英語です。ただし、インドでは、強い方言を含む複数の言語が英語のアクセントに影響を与えています。 インド国内では、特にHINGLISH(ヒンディー語と英語の組み合わせ)の異なる英語のアクセントに遭遇する可能性があります。また、インド人の英語は少し早すぎるとも言われますが、スピードに慣れたら、アクセントに慣れるのは、一般的にはそれほど時間がかからないです。

インドのIT業界における英語

インドのIT業界は、インド系の現地企業だけでなく、膨大な数の多国籍企業で構成されています。 インドのIT企業は主に英語のプロジェクトで、海外の顧客に対してサービスを提供しています。クライアントとのコミュニケーションの共通言語として英語が使われています。 IT人材はインド各地から来ているため、企業内でも英語が公用語として使用されています。キャリアの初期段階で、英語を仕事上流暢に使いこなせることが、仕事の機会を増やすために重要であると認識されています。

Subscribe To Our Newsletter

Join our mailing list to receive the latest news and updates from our team.

You have Successfully Subscribed!