「日本をますます好きになりました!」在日インド人ITエンジニア・連続インタビュー [第4回] Dさん

連続インタビュー4 回目は、女性エンジニアのDさんにお話を伺いました。今回は、女性ならでは視点でのお話を聞く事ができ、大変興味深いインタビューとなりましたので、どうぞお楽しみください。

いままでの経歴を教えてください。また、IT engineerになった理由を教えてください。

大学では工学部で学び、大学院まで進みました。 ITエンジニアになったのは、数学など理系分野が得意だったので、自分の才能が生かせると思ったからです。お給料がいい所も魅力でしたね。医者や大学の助教になる道も考えましたが、経済的事情や母の意向もあり、最終的にはITエンジニアにしました。

なぜ就職先として日本を選んだのか経緯を教えてください。

エンジニア職を求めてアメリカやイギリスの会社を受けましたが、残念ながらご縁がありませんでした。私は修士号を持っているのですが、私の学歴が高すぎて、それに見合う給料を払えないと全ての会社から言われてしまったのです。 ですがその後、学歴や能力が現在の会社に評価され、日本の会社のインド支社に採用されました。お給料もインドやアメリカの会社より良かったです。 数年後、私の日本語や仕事ぶりが日本できちんと通用するレベルに達したと上司が評価したため、日本に異動することとなりました。

日本に来る前の日本の印象を教えてください。

インドでも新聞やテレビで日本の情報に触れる機会はあったので、日本車、アニメ、技術力が高い、日本製は品質がいいなど、日本には良い印象を持っていました。色々見聞きした中でも、吊り下げ式モノレールは一番すごいなと思いました。

それと、子どもは自分の教室を掃除し、家庭ではメイドを置かずに生活するので、日本人はとても自立していると感じました。

日本の好きなところを教えてください。

時間に正確なところが好きですね。私は子どもの頃、母からよく「日本人みたいに時間を守ってね」と言われて育てられたので、きちんと時間通りの所が好きです。 日本に来る前に日本に行ったことのある人から、「日本の電車の時刻表は、8時1分とか1分単位で細かく時間が設定されている」と聞かされた時はとても驚きました。インドの電車の時刻はもっと大雑把なので、考えられない事です。 その他には、日本人がきちんとルールを守る所が好きですね。

日本で働くことについてインドの家族の反応を教えてください。

アメリカと比べるとずっと安全なので、家族はとても喜んでくれました。日本は、女性が被害者になる犯罪が世界でも一番少ない国なので安心です。

日本での就業環境について教えてください。

就業環境はとても良く、何の不満もありません。私が困っている時は、みんな助けてくれます。 たくさんチームがあるので正確な人数はわかりませんが、インド人は12〜15人、中国人も20〜25人くらいいて、国際色豊かです

 日本人とのコミュニケーションについて、上手く行っている部分と難しい部分を教えてください。

やはり日本語は難しいなと感じる事があります。それと、日本人は出会ってもすぐに打ち解けたりせず、時間をかけてゆっくり友達になっていくスタイルで、そういう所がインド人と違うなと思います。

インドと日本の文化的な違いについて教えてください。

インドと日本は全てが違うなと感じます。例えば食事の仕方ですが、我々は普段は手を使って食べますが、日本人はお箸を使います。 キャッシュレス化が進んでいる事や、インドで主流のお見合い結婚が少ない所も違いますね。

食事等、日常生活面で困っていることを教えてください。

特にこれといって大変なことはありませんでした。私はベジタリアンですが、自炊していますし、食材はネットで調達できるので大丈夫です。

将来のキャリアについて教えてください。

出来るだけ長く日本で働きたいと思っています。起業は考えていないので、日本の会社で働いて、昇進していけたらいいですね。 結婚は今すぐしたいとは思っていません。インドで一般的なお見合い結婚をする事になるので、家族に日本の永住権を持っている男性を探してもらうか、日本に移住してもいいと思ってくれる男性を探すかのどちらかになると思います。

 

会社に改善して欲しいことはありますか。

特にありません。日本語は図書館に行って自分で勉強していますし、入社した時にもサポートしてもらえました。

インド人ITエンジニアに日本に来て働くことを勧めますか。その理由も教えてください。

既に5、6人に勧めました。みんな親切ですし、インドと違って大気汚染もありません。仕事と私生活のバランスも取りやすいと思っています。 学校で小さい時から英語を習っている事もあり、インド人エンジニアは英語圏の国を目指す人が多いのですが、もし学校で日本語を勉強する機会があれば日本の方が好きになるのではないかなと思います。

Subscribe To Our Newsletter

Join our mailing list to receive the latest news and updates from our team.

You have Successfully Subscribed!