普通のインド人はいくつの言語を話しますか?

 

日本では、ほとんどすべての日本人が日本語を話します。もし、外国人でも日本語が話せれば、日本のどこにでも行って、地元の人々と交流することができます。 しかし、インドではそうではありません。 インドでは多くの言語が話されていると聞かれたことがあるかもしれません。インドでは、すべての州が独自の言語を持っています。インドには実際には、いったいいくつの言語があるのでしょうか?インドのさまざまな地域の人々がどのようにして互いにコミュニケーションをとるのでしょうか?それらの疑問に少しでもこの記事でお答えできればと思います。

インド – 22以上の公用語がある国!

インドの憲法には約22の公用語が制定されています。 さらに、それに加えて、さまざまな方言や現地の言語があります。非常に多くの異なる言語が存在するため、共通の言語が必要でした。 そのため、英語は各地方の公用語とともに、インド国中のすべての公用語として、また、政府の統治目的の言語として広く使用されるようになりました。

北インドと南インド – 言語の格差:

北インドと南インドで使用されている言語には大きな違いがあります。

インドで話されている言語は2つの主要な言語ファミリーに属します – インド・アーリア語族ドラヴィダ語族で、インド北部の州で話されている言語の大部分はインド・アーリア語族に属し、南インドの言語はドラヴィダ語族に属します。

ですので、彼らは地元の州の言語を話しますが、北インドのすべての人々はほとんどヒンディー語を理解しています。たとえば、マハラシュトラ州、グジャラート州、パンジャーブ州など、現地語はヒンディー語ではありませんが、人々はヒンディー語を話すことができます(すべての北インドの州の言語は同じインド – アーリア語の言語ファミリーに属しているため)。しかし、南インドの州はヒンディー語をあまり理解していません。たとえば、タミルナドゥ州では、人々はタミル語を話し、ヒンディー語を理解して話す人はほとんどいません。 (ここで話されている言語はドラヴィダ語族に属しているため)。しかし、彼らはテルグ語、カンナダ語および他の南インドの言語を理解することができます。

ですから、タミル語を知っていれば、南インドの他の州で話されている言語を理解することができます。そして、あなたがヒンディー語を知っていれば、あなたは北インドの州で話されている言語を理解することができます。

異なる言語を学ぶのが大好きです。

どのように多くの言語を知っているかをインド人に聞いてみてください。そして彼らの答えは最低3〜4の言語になるでしょう。日本人にとっては、かなり驚く数値ですが、上記に述べたような環境がその背景にあります。

インドの学校では、子供たちは少なくとも3つの言語を学びます。 最初の言語は英語で、授業で指導の言語として使われています。 これとは別に、学生は彼らの「第二」と「第三」の言語を選択します。 典型的な選択肢には、ヒンディー語、地方の各国語、またはフランス語やサンスクリット語のような外国語や古代の言語が含まれます。そのため、インド人は、新しい異なる言語を学ぶことについて、あまり抵抗感なく取り組める傾向があります。様々な言語は、インド人がダイバーシティを持つ国と言われる理由の一つででしょう。

 

Subscribe To Our Newsletter

Join our mailing list to receive the latest news and updates from our team.

You have Successfully Subscribed!