Business

Featured Categories

Business

インシュアテックで保険業界が変わる! AIが作り出す新しいビジネスの形とは? 

インシュアテックで保険業界が変わる!AIが作り出す新しい仕事の形とは? 画像出典:https://docs.microsoft.com/ja-jp/archive/blogs/jpai/newinai-190603-ai-automotive-industry?ln=ja-jp AI活用で自動車事故対応が迅速に IT技術の活用で私たちの暮らしは格段に便利になっていますが、近年、AIなどの情報技術を利用して業務改善を図る動きが保険業界で高まっています。 IT技術の活用で私たちの暮らしは格段に便利になっていますが、近年、AIなどの情報技術を利用して業務改善を図る動きが保険業界で高まっています。  人口約13億人、2027年までに人口世界一になると予測されているインドでは、自動車の普及が進んでいます。それと共に交通事故も多発。毎日2億3万台の乗り物が事故に遭い、1200件の自動車事故が起こっています。また、インドの2018年の交通事故死者は約15万人で、この数字は日本の約43倍にもあたります。 このような事情から、保険金の請求件数も急増し、保険が下りるまでに何日も契約者を待たせてしまうことがあるという問題を保険会社は抱えています。 そこで、インド第2位の大手保険会社ICICI Lombardは、この問題解決のため、マイクロソフト社と共同で、インド初のAI自動車保険アプリ「Insure」を開発しました。 開発は、ICICI ...
Read More

『2019年〜2020年のインド経済状況』 19年は停滞も、日系5割が20年は回復と回答

2019年〜2020年のインド経済状況 19年は停滞も、日系5割が20年は回復と回答 2014年よりモディ政権が発足して以降、インド経済は順調に成長し、2018年4〜6月(第1四半期)にはGDP成長率8%ありました。  しかし、2019年後半の現在では停滞。インド統計・計画実施省の発表によると、19年度第1四半期(4~6月)の実質GDP成長率(2011年基準)推計値を前年同期比5.0%。これは2013年以来6年ぶりの低水準となります。  しかしながら日系企業の5割が20年は利益回復とアンケートで回答。政府の積極的な景気刺激策やインド市場の持つ可能性への期待もあり、20年の景気は上向きと予測されています。 今回は、停滞の現状と2020年の見通しについて述べたいと思います。 月次:期間:2014年8月~2019年8月、GDPは四半期、前年同期比出所:ブルームバーグのデータを使用してピクテ投信投資顧問作成 出典:https://gentosha-go.com/articles/-/23577 金利について インド準備銀行(中央銀行)は2019年10月4日に、政策金利であるRBIレポレートを5.40%から0.25%引き下げ年5.15%としました。利下げは5会合連続となります。 ...
Read More

拡大するインド人材雇用 〜地方企業も採用に乗り出し〜

拡大すインド人材雇用                    ...
Read More

日産COOにインド出身グプタ氏が就任

日産COOに、インド出身のグプタ氏が決定 2019年10月9日、日産自動車の次期COOにインド出身のアシュワニ・グプタ氏(49)が就任する事が発表されました。今回は、ホンダ、三菱、日産と、これまで20年以上も日本の自動車業界でグローバルに活躍してきた同氏についてお伝えいたします。 グプタ氏の経歴 1970年9月15日生まれ。インド北東部のデヘラーデドゥーン出身。 ジャワーハルラール・ネルー大学にてエンジニアリングを専攻。同大学は、研究型国立大学で、特に社会学科はインド最高峰として高い評価を受けています。 インシアード(INSEAD)で学位取得。インシアードは、フランスの名門ビジネススクールで、MBAプログラムはFinancial timesのglobal MBA rankingにおいて2016-2017で2年連続1位を獲得。世界80カ国以上から学生が集まるグローバルな環境で、卒業生は政財界で活躍しています。  1992年 民間セクターにおいて、開発および購買でキャリアをスタート ...
Read More

インドのマイナンバー制度「アダール」

インドのマイナンバー制度「アダール」とは?IT人材が豊富である一方、牛が道路をゆっくり歩いている姿やガンジス川のイメーシで最先端と古さが同居している印象を持たれるインドで、日本よりも先に「アダール」というIT技術を駆使したマイナンバー制が始まっていたことはご存知でしょうか? 今回は加入率99%。国民のほとんどが登録し、今はインド生活に不可欠なアダールについてご紹介します。 アダールはインド生活の基礎 アダールは、全国民を対象に12桁の数字を発行し、個別のIDを与え識別する国民識別番号制度です。登録は任意です。 アダールという言葉はヒンディー語で「基礎」「土台」を意味します。この言葉からも分かるように、アダールはインド人の生活を支える基礎となっています。 大きな特徴は、高度なIT技術を駆使した生体認証を採用している所です。名前、住所、性別、生年月日に加え、国民一人一人の顔・両手の全ての指紋・目の虹彩をデータ化し、それらを用いて本人認証を行います。 アダールは2010年に登録申請が開始されていますが、2017年7月の時点ではインド人口の99%以上、11億6000万人が登録済みであるとの報告が出ています。 出典:https://wisdom.nec.com/ja/collaboration/2019051701/index.html アダールがもたらしたメリットとは アダール登録は任意なのにもかかわらず、ほとんどの人が利用しています。それは、これまでのインドには戸籍が整備されておらず、本人確認が難しいという状況があるためです。 ...
Read More

インド人 IT人材とは

インド人 IT人材とは 2018年6月時点で、日本に在留する外国人は過去最多の264万人に達しました。外国人材の受け入れは、深刻化する日本企業の人手不足の補填にとどまらず、企業の技術革新や収益拡大を促して日本経済の成長に資すると期待されています。 まず日本の人口構成をみると、経済活動を支える労働人口の著しい減少が見られます。国連の推計によると、日本の生産年齢人口(15~64歳)は、1995年の87百万人をピークに減少を続け、2015年は78百万人となり、2050年には、55百万人となる見込みです。また、主要国の総人口に占める生産年齢人口の割合(生産年齢人口比率)を比較すると、日本の減少ペースが顕著なことが分かります。1990年時点で69.7%と、主要先進国の中でも高い水準でしたが、2015年に61.0%へ低下し、2050年には51.1%と、他の主要先進国との差が大幅に開いています。 主要先進国の生産年齢人口(15~64歳)比率の推移 注:国連による中位推計値を使用。 出所:"World Population Prospects: The ...
Read More

インドーIT産業の中心地

インドーIT産業の中心地 インドとITは、切っても切れない関係を持つ言葉となってきています。GAFAは、もちろんのこと、IBM、Dell、Cognizant Technology Solutions、Hewlett-PackardなどのグローバルIT企業が、こぞってインドに子会社を設立しています。IT企業はなぜインドを選ぶのでしょうか? IT業界において、重要な人材として扱われるインド人の持つユニークさとは何なのでしょうか? 論理的思考の適性 一つには、インド人の高い論理的思考能力が挙げられます。論理的な思考を繰り返すことで、問題解決を行うことに慣れています。数学や科学など理数系が得意な傾向があり、幼少期から数独のような数学的ゲームでたくさん遊んでいます。そのため、ITの概念を理解して、新しいプログラミング言語を積極的に独学でも習得することができます。 若い労働力 インドは、働き手となる豊富な労働力人口を持ち、特に若年労働者がたくさんいます。13億のインド人全体の平均年齢は25歳であり、労働力人口のうち50%以上は30代以下です。これはどう意味を表すかというと、全体としてインドの労働力が若く、生産性の成長が見込みるということです。 多数のエンジニアリング専門家 ...
Read More
Loading...

アーカイブ